カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

JGB with Melvin Seals 5/23/08 GAMH

JGB行ってきました。

いつみてもいいバンドですね。
ちゃんとリハをやってるんでしょうね、
正直言って魔法がかかったような凄さはないけど、
きっちりした演奏を聴くのは本当に気持ちがいいです。

このバンドはジャムバンドには入らないかもしれないですね。
きっちりしすぎていると思います。
guitarのStuとorganのMelvinくらいですね、ソロ弾くのは。

あくまでソロなんですね。
少なくとも昨夜は「みんなでジャム」っていう方向にはならなかったです。

それにしてもStuのギター。
少な目のペダルで、ギミックなしの演奏。好きだなぁ。
Shining Star, Let's Spend the Night Togetherなんかは本当にいいできでした。

Phil Lesh and Friends 5/14/08 at Warfield

さて、二日目。
彼らはAoxomoxoa〜Live/Deadやるのか。
Live Deadやるとすると、St. stephenは一晩に二回やる事になるが、
どうなるのか。
いやいや、いい意味で期待を裏切って普通のセットをするのでは。。。

ファンの間でも話題になっていました。


が、
ふたを開けてみれば、大方の予想通りAoxomoxoa〜Live/Dead。
2nd setのゲストはRatdogからMarkがギター。

一日目はBobby、二日目はMark、
二日間とも彼らが絶妙なアシストをしたために、
まるでRatdogのショーケースのような。。。

もちろんPhilも気合入りまくりだったのは、ライブ中の表情の変化、ジェスチャーの多さからもわかりました。

Phil Lesh and Friends Photo album 5/13, 14, 16, 17, 18

とりいそぎ、写真アップしました。
何だかわけのわからないものもありますが、どぞ。

http://www.flickr.com/photos/26666117@N08/

Phil Lesh and Friends 5/13/08 at Warfield

一日目
1st set: 1st albumの曲順に全部。
2nd set: 2nd album anthem of the sun から全曲。

驚きました!!

特にセカンドセット。
Bob Weirがゲスト参加。一曲目の途中からあと全部。

今まで見たPhil and Friendsのなかでは1位、2位を争うできでした。

ちょっと心身ともにグタグタですが、今から二日目行ってきます。
一曲目はやっぱり、St.Stephenか・・・!?

Kimock, Vega, Molo, Seals, Green 4/27/2008 at Owsley's Golden Road, Denver, CO

三日目。

Kimockのアンプが4つから3つに減り、バンドとして一番バランスが取れていました。

この3日間のハイライトを1つ挙げろと言われたら、間違いなくこの日。
そして、その2ndsetの二曲目、Rigor Mortis。
聞いたことない曲ですが、バランスが完璧だと思ったのはこの曲のみでした。
Bobbyのベースからはじまるファンキーな曲ですね。
私はこの曲で昇天しました、完璧に。


バランスバランス言っていますが、普段はそんな気にしないんです。
特にKimock and Friendsの時は、Kimockが大音量であって欲しいし、Kimock色にして欲しいんです。

でも今回はオールスターバンド。
バンドメンバー全員がその道の達人なのです。
特に私はBobby Vegaの大ファンなので、Kimockの音が大きすぎてBobbyの音が聞こえないと、とてもフラストレーションがたまりました。

ところで、
Kimockのアンプが1つ減ったからでしょうか、アーニーのギターがよく聞けました。
彼の決して邪魔をしない、粗相をしないプレイはとても好感が持てました。
自分がどこで何をやっているのかわかっているミュージシャンという感じですね。


どうであれ、バンドは火がついたような勢いでした。

BeatlesのSlow Downは笑いましたね。
Kimockがボーカルを取って、ソロも一切なし。
とてもフレッシュに感じました。

MetersのCissy Strut。
彼らのMetersカバーはいつも逸品です、特に元Sly and the Family StoneのBobbyが絡むと。
Five B4 Funkもそうです。ぶっ飛ばされます。

2ndsetもこの日は完璧。
Stella Blue。
どれだけの人が待っていたでしょうね、彼らのGDのカバー。
特にStella Blueのような、定番のカバーはどんなアレンジになるかなといつもわくわくします。

去年の今頃だったでしょうか。
FairfoxのIron springs pubでDavid Nelson TrioのStella BlueをBarry Slessのペダルスティールで聞いた、それもあまりに鮮烈でした。

この日のSteveのアレンジも素敵でした。
ひざの上にギターをのせ、ボトルネックを使いつつ、ヴァイオリン奏法。
Jerryのまいた種が、そこここで育ち大きな花が咲いている。そんな感じです。

で、このランではじめてのアンコール。
Sleepwalk >Mercury Blues。
これもMercury Bluesの音量がやたらでかくて、ちょっといやになりましたが、まぁ最後の日の最後の曲だし、まぁいいでしょう。



Severe Tire Damage
Slow Down (Steve vocal)
Kissing The Boo Boo
Cissy Strut
(Al Green song?)
Golden Road

Steel Guitar Rag
Rigor Mortis
Point of No Return (no vocals)
(Arnie blues song)
Footprints
Stella Blue
Higher and Higher

Encore:
Sleepwalk >
Mercury Blues






PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ