カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

BGCA 12/30/08 Bob Weir & Rat Dog / Phil Lesh & Friends

一日目。

Opening act: Jackie Greene
1st act: Bob Weir and Rat Dog
Intermission: Bob Weir, Phil Lesh, Jay Lane Trio
2nd act: Phil Lesh and Friends

いや〜濃厚な夜でした。
結構人つまってましたよ。
二階席も空席がないくらいでびっくりしました。

いろいろな意味でRat DogとPL&Fの違いが際立ったショーでした。
Rat dogのセット「NYEだったとしても妥協なし」。十数曲演奏した中で私が知っている曲はほんの2〜3曲。いやはや不勉強っすね。
しっかしDear Prudence、Jack Strawの盛り上がりはさっすがだな〜。
強弱のあるとてもいいショーでした。

休憩のジャム(これはうれしいサプライズでした!!!)をはさんで、PL&Fはヒット曲オンパレード。知らない曲はなし。

PL&FのguitarはJackieとBarry Sless。出てきたときLarryじゃなくてBarryだったので、「お!!」っと期待したのですが、bandがBarryを生かしきれていない感じだったので、ちょっとがっかり。



これからは私個人の好み、趣味の話です。
「Grateful Deadの魅力は?」と聞かれたら皆さんはどう答えるでしょう。
数ある魅力のなかでも、私は「完全なオトコオトコしたバンドにもかかわらず、どことなくFeminine(女性的)な部分」、がとても魅力的に感じます。
大きな「オトコ」所帯バンドにもかかわらず、オトコバンドが持ちがちな「汗」や「涙」のような匂いがしない(笑)。「ゴリ押しのソロ」もない。
見てくれはみんなオトコなのですが、どことなく柔和でスマートなやり方を好んでいる。それが不思議なチャームポイント。「予定調和でない」。Grateful Deadからはそんな感じがするのは私だけでしょうか。
で、そのfeminineさの核をなしていたのがJerry Garciaという人。

ま、ともあれその人が亡くなって。

でその後、それぞれメンバーごとにバンドができた。Grateful Deadとは別物のバンドとして捕らえなければならないけれども、やっぱりファンはDeadの面影を求めてしまう。
私個人としては「不思議なfeminineバンド」が欲しい(笑)。

しかし昨夜やっとはっきり気がつきました。
そんなの、もうないんです。

さっきsetlistのところでも触れましたが、
昨夜のBob Weirのセットは言ってみれば「後追いの若いの」にはとてもわからないものでした。それが逆に新鮮で嬉しかった。
PL&Fのセットはとてもmasculine(男性的)なセットで、汗飛び散りまくりのステージ。Philは相変わらずいいんですが、Jackieの空間を塗りつぶすようなソロには、私ちょっとついていけませんでした。
押しに押すんで最後には疲れてしまいました。
みんな体力あるんで「Jackieはいいね〜」って言うんですが、弱っちく女々しい自分としては、Barryのマジカルなguitarとバンドのからみが聞けたら文句なかったんですが。

以上。

さぁて、今日はもっとクレイジーな夜になるでしょう。
乗り切れるといいけど。。。

Fukuoka Dome 8/27/1994 Bob Weir

いやはや。すごい映像が残っているもんですね。
音源は以前からあったのですが、これを見ることができる日が来るとは。
すごいメンツです。
ここではさらに驚きのゲストが見られる、One more Saturday nightを紹介。
気前よく動画の紹介を許してくださったクマさん、ありがとうございます。

Bob Weir - Vocal & Guitar (Grateful Dead)
Vince Welnick - Vocal & Keyboad (Grateful Dead)
Praily Prince - Drums
Bobby Vega - Bass
Henry Kaiser - Lead Guitar

Jazzhaus Heidelberg 5/27/2008 Hajo Lorenz/Steve Kimock/Billy Goodman - Scarlet Begonias

今年のミニヨーロッパツアーの様子ですね。
うむ、これは確かにメローな感じです。
必ずしもmellow=全編素晴らしいというわけではないのですが、やっぱソロになると本領発揮ですね。


Martin Fierro Quartet 12/29/1996

うむむ。よさそう。。。

http://bt.etree.org/details.php?id=521259

Martin Fierro Quartert +
Sun 1996-12-29
Fourth St. Tavern
San Rafael, CA

Eric Wiley keys
Ray Scott guitar
Alex Baum bass
Matt Eakle flute
Bill Vitt drums
Martin Fierro tenor saxophone, vocals

add Pete Zangaras guitar, vocals

cd1
tuning up
Footprints
Favela
Thrill Is Gone
Bright Lights Big City
Sugar

cd2
Mr. Magic
Tell Me All About It
--
Taste of Honey
Caught the Katey > I'm Tired

cd3
Chain Reaction
Corcovado aka Quiet Nights
El Mar

Avalon Allstars Mexicalli Blues 04/06/07

Bobby Vega(bass), Barry Sless(guitar)
Vocal Guitarは確かRay Whiteですよね。
私の追っかけ対象バンドのひとつ、Avalon Allstarsです。

Avalon Allstars - Mexicalli Blues 4-6-07
PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ