カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

10/18/2009 Slim's/ Adrian Belew

すごいものを見た。
本当にねじ伏せられた。

名前はもちろん知っていたし、いくらか彼がギタリストとして参加している曲も知っていた。
ただ、ここまですごいギタリストだったとは…

のっけから。
ステージが暗くなったと思ったら、真っ赤なスーツに黒のTシャツを着たおっさんが大黒さんみたいな笑顔で、「タラーン!!サプラ〜イズ!!」ってな感じでステージに飛び出してきた。
誰かと思ったら彼こそがAdrian Belewだった。

Adrian Belew Power Trioというベース、ドラム、ギターの三人組でツアーしているらしい。ベースの女の子23歳。ドラムの男の子21歳。で、二人とも恐ろしく上手い。
そりゃAdrian Belewとなれば技術的に上手くなきゃ一緒にプレイさせてもらえないだろうけど、それにしても底抜けにうまい。
しかもこの二人は姉、弟らしい。顔も似ている、どうでもいいか…

Adrianは言うまでもない。
変な調子の曲を変なリズムに乗せて変な音のギターを弾く。
でも変とはいえ、ツボは完全におさえていて、とてつもなく気持ちのいい音が出ていた。
アームを多用。それからヴォリューム奏法、ライトハンドからネックベンド、ハーモニクス。早弾きは言うまでもなく。ギターをそこここいじくって、出そうな音を全部使ってやろうという姿勢。
エフェクトなんかも、正直こっちに来てからほとんど興味が薄れてしまったのだが、一言でいえばここでこの音という音選びのセンスが抜群。
というか、この人こそエフェクターでの音づくりの教科書を作り上げてきた一人というべきだろうか。笑

で、何より感心したのは、
このひと、心底楽しそうなのだ。
音楽だけ聞いていると、難解な音楽をコツコツとしかめ面しながら下向いてギター弾くタイプの人かなとイメージしていた。
観客の顔なんか死んでも見ない、のような。

が、箱を開けてみれば、登場からして、ぽよよ〜んと出てきたし、
とんでもないギター弾きながら、にこにこして客のほう見てるし(にやにやではないのだ。)、難しい曲を弾き終わった後「Yeah」なんて爽快にガッツポーズしてるし、いやはや、まいりました。

曲も難解というより、多くのミュージシャンが「そこへは行かない」というフィールドにある曲。技術的に難しいだけではなく、客もプレーやも感情移入しにくい曲。音の連なりこそが音楽、という音至上主義とでもいえるような。

普通こういうタイプの音楽はプレーヤーのマスターベーションになる場合が多いんだけど、Adrianはそうはならなかった…
こんな音楽を難しい顔してやられちゃ、客としてはたまらない。。。1時間ももたないはず。
がっぷり2時間半アンコールまで見て、笑顔で「いや〜よかったなぁ」と言っていられたのは、ショーを見ている間いつのまにかAdrianを好きになっちゃったからに他ならない。

やった曲は最新作のeからa,b,c,e。Life in a nutshellなど。一曲昔から知っている曲もやったが、曲名は知らない。

会場で売ってたCDも全部買ってしまったし、Tシャツもゲットした。
ライブ後そこらで勝手にサイン会をはじめてしまったAdrianからCDにサインまでしてもらった。
妻が着ていたDylanのTシャツを見て、速攻でDylanの真似。「ショーにきてくれたのか〜い?」(鼻にかかった声で、語尾上げ+のばし。文字ではまねできないが…)なんておどけるお茶目っぷり。
完全にAdrianの魔法にかかってしまった晩だった。
きつねにつままれた。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/102-d5eeb223

PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ