カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

2/23/2010 Yoko Ono and Plastic Ono Band @ Oakland Fox Theater

あんなに「叫び」の多いライブショーは初めて見た。

もともとミュージシャンというよりアーティストだからなんだろうか。
「音楽を演奏するのには楽器ができることが条件」というコンセプトがこの人にはないのか、それとも意図して無視しているのか。
いや、多分この人自身が「Yoko Ono」という世界でただ一つの楽器なんだろう。
それにしても、あんなにためらいの無い叫びは聞いたことがなかった。
この人は自分が産まれた時にも、昨夜見せたのと同じような叫びをあげていたに違いない。
赤ちゃん〜幼稚園児くらいまでの原始的な叫び。
念のため誤解がないようにしたいが、「音楽的に稚拙だ」と言いたいのではない。

大体人は大人になると「これを他人が見たら…」などと考えるようになるはずだ。
ただ、この人のステージにはその感覚がとても希薄だった。
とても自由勝手に自分の声で何かを表現していた。
その「何か」は、ある瞬間は宗教的にガツンとひびいてきた。しかしすべてが美しいわけでもなかった。
こんな気ままさが許されるのは、この人がYoko Onoだからだろう。
いや、これがYoko Onoなのだろう。

音楽と人の関係は分からない。
音楽が好きだから、それを演奏する人を好きになるのか。
演奏する人が好きだから、音楽が好きになるのか。
両方なのか。
それともそんなことはどうでもいいのか。
多分どうでもいいんだろう。

つまりは音自体よりも、「人」や「個性」を感じさせられるショーだった。

素晴らしいショーを見た後でも、Yokoの作るものすべてが好きなわけではない。
しかし、Love and Peaceというメッセージはとてもクリアに伝わってきた。


見ておいてよかった。
本当に勇気づけられた。
ありがとうYokoさん。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/111-a4614bef

PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ