カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

2/27/2010 CB-3 w/ Steve Kimock @ San Francisco Yoshi's

待ちに待ったKimockのYoshi'sでのショー。
この日を楽しみにしていたファンがいっぱいいました。
ベイエリアのコアなファンたちはみんな大集合していました。
またしても同窓会状態。


結果。
ダメでした…


Kimockのショーの後の名物風景といえば、たとえショーが終わったのが午前2時3時になっても、みんなすごい元気なんです。
会場にとどまって、しゃべりまくる。
あの曲のソロがよかっただの、ショーのハイライトは確実にあの曲だったとか、ベースの音がもう少しでかかったらとか。
いいことばかりでなく批判的な意見も混ぜつつ、みんな怒涛のようにしゃべりまくるんです。
それは、長時間にわたって楽しんでいる以上に、バンドの音からとてつもない刺激を受けたからであって、それはほとんど無意識のうちに脳みそマッサージを受けているようなもんだと思うんです。

私は昨夜はただただフラストレーションがたまりました。
ショーの後はぐったり疲れて早く家に帰りたかった。


Kimockがギターを弾くスペースが、小さすぎ。
やっとKimockのギターに火がついてきたなと思うと、クリスが歌い始める。他のミュージシャンがソロを弾き始める。
きっちり消火活動が行われていました。
KimockがゲストでCB-3がメインなのはわかりますが、あれではほとんどサギです。
最前列に陣取っているのはほとんどKimockファンで、彼らの目的はCB-3ではなく、Kimockのギターを一秒でも多く聞くことなのです。
CB-3側はそこまで読めなかったんでしょう。
それともKimockファンの勝手さなのでしょうか。
今日のショーがどうなるか楽しみです。

問題はKimockのギターソロ枠の不足以外にも、あったと思います。
前半はバンドのリズムが異常にルースに感じました。「え?」って思うくらい。
最初はCBのたたくドラム、サムピアノのアフロなビートがロック的なリズムに合わないのかなと思っていましたが、そうでもなさそうで。
最後のほうになってきてようやくバンド自体がかっちりまとまってきたので、「あぁやっぱりズレてたんだ」と。
彼らのようなトライバルなバンドでリズムが合っていないっていうのは致命的ですよね。


まぁそれにしても残念。
目の前に鰻のかば焼きがうまそうに焼けてるってのに、匂いだけかがせられて、食べさせてもらえなかった。
そんな夜でした。




コメント

意外!

ふむふむ、そうだったんだぁー。
わざわざ遠くから足を運んで、お疲れさまです。
行こうか迷ったけど、結局自宅で津波の準備しててよかった。

そういえば、080808の Zero のショーの翌日の Everyone Orchestra なんか、キモックファンが10人もいなくて、みんな最後まで観ないで帰ってしまいました。あの時もキモックが盛り上がってきたと思ったら消火作業が…。

まあ、こういうライヴもあるんですね。勉強になります。
  • 2010/02/28
  • Cole's Law #-
  • URL
  • 編集 ]
  • TOP

コメント遅れてすみません。
もう最近は忙しくて心身ともにクラクラしています。

ハワイは、津波大丈夫でしたか?心配してました。


そうですね。音楽の面白いところは、ここですよね。
私はcrappyなショーを今さら持ち上げるほどお人よしではないのですが、やっぱりミュージシャンも人間なので出来、不出来があって当たり前。

この日は本当にびっくりするほどNo Chemistry going onてな感じでした。Kimockでもやっぱこんな時もあるんだな、というのが逆に新鮮な発見でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/113-0fc0e7b0

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18
  • TOP
PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ