カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

3/11,12/2011 Steve Kimock & Friends @ Hop monk Tavern

メンバーはSteve+Wally Ingram (David Lindley, Bonnie Raitt, Stockholm Syndrome)そしてたまにBobby Vega。あとキーボード+いろいろなトライバルな楽器の人(Evan Fraser)、ベースの人(Vir Mcoye)、フルート+サックスの人(John Shrodder)、かわったギターの人(Noam)、あと二日目は女性ボーカル(Shasa Rose)。
Steve, Wally, Bobby以外は全く無名の人じゃないかなと思います。全然見たことなかったので。どうやってこのメンバーを探してきたのか。謎。
追記:KimockListによると、SteveはVirとMickey Hartのセッションの時に知り合い、このギグのためにSteveがVirに「誰か知ってるミュージシャンがいたら集めて」と頼んで、こういう面子になったみたいです。


どうだったか。
一日目は全然バンドとしてバランスがとれておらず、誰かがいつもどこかで耳障りな音を出している感じで、too muchな感じがしました。みんな音を出したいのはわかるけど、ちょっとは曲としてのバランスを考えてほしかったですね。
Steve Kimock & FriendsなのかUnknown Friends & Steveなのか。つまりは何をやりたいのかよくわからないショーでした。

二日目はというと、これが私が見たキモック関連のショーでは1、2をあらそう出来でした。これを求めてました。
先週のZeroのショーもそうだったんですが、Kimock氏、なんか不完全燃焼が続いている感じだったんですね。顔がなんか集中していない表情なんです、たとえいい感じのソロを弾いていても。
変なところ見てるな、と言われるかもしれないんですが、Kimockが絶好調の時ってとてもニュートラルな顔になるんです。表情が動かない。何も見ていない。眼をつぶっていたり、目を開けていても何を見ているわけでもないんです。で、おもしろい音が出るとニヤッとわらったり、ちょっとミスったりすると口を開けたりする。単にそこにある音に対するリアクションしかないんです。
ほかのメンバーに気を遣ったり、変に鬱屈していたりというのがなくただただ音楽に身を任せている感じなんです。

とにかく昨日はKimockが前面に出ていてやりたいことができている感じでした。オーディエンスとしてそう感じたのはとても久しぶりでした。
ここ2週間のショーではこれが一番ですね。
あとMerl's Boogie, Sun Sun Sunが聞けたのはとてもうれしかったです。Martin Fierroを思い出させてくれるこの2曲が聞けたのはスコアでしたね。なんで先週演らなかったんでしょう。特にSunSunSunはMartinがボーカルをとってた曲で、そのメロディーラインをSteveのギターで聞けたのは感涙ものでした。


3/11/2011
Set 1:
Jam
Healing vibes to Japan jam

Set 2:
54-46
Jam
Tangled
Jam >
Hillbillies
Jam
Merl's Boogie jam


3/12/2011
Set 1:
Jam (w/Low Rider tease)
Jam
Nana's Chalk Pipe*
5 B4 Funk*

Set 2:
Jam (45 min)
Sun Sun Sun*
It's Up To You*
54-46*
* w/Bobby Vega



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/131-cd89e381

PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ