カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

5/28/2011 Bob Weir @ Throckmorton Theatre

面白いから書いてみる。
Grateful Deadの中でBob Weirとは?
どうこたえますか?


JerryとPhilが毎回いいのはほとんど当然。
ドラムのお二人もいつも安定していい働きをしている。
が、BobbyとKeyboard player(誰であれ)。
ちゃんと彼らが弾けていて、かつ全員の音がはっきり分離して聞こえる時、その時こそがDeadの醍醐味と言える瞬間だと、個人的には思います。

CDを聞いてのことです。実際ショー見たことないからね。僕がGrateful Dead気になりはじめた時には、残念ながらJerryはもう亡くなってた。

エニウェイ。
いやー
過小評価されすぎなギタリストでしょう。
みんなJerryばかり「いい、いい」というけど、あのJerryが30年近く一緒にプレーしたギタリスト。
すごいギタリストに決まっているじゃないっすか。
歌うまいし、ギターも弾けるし。

Ring Mountain Day Schoolへのベネフットだそうで。
$135という破格のチケットでしたが、私はあんな近くで、かつせまい場所でBob Weirを見たことがないし、今後そんなことがあるかも謎。笑
一列目、2メートルくらい先にいました。Weirさん。

相変わらず飄々と。
適当に面白いこと言って場を和ませながら。
で、Lost sailorとかとんでもない複雑な曲を演っちゃう。
えーーー!!
なんだこの人!!
拍手するしかないいじゃん。


良い晩でした。
なんも考えることなし。
不満もなし。
ただただよかった。
で、日曜になった今も余韻を楽しんでます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/135-67efa415

PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ