カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

12/26/2011 David Grisman Bluegrass Experience @ Freight and Salvage

David Grismanは超セクシーだった。
ギターより一回り以上小さいマンドリンのフレットボードを自在にしかも素早く動き回る手と指、これがたまらなくセクシーだった。
んー意外なところにセクシーさはあるもんだ。

Bluegrassというのは、私にとっては50年前のスラッシュメタルと演歌のような認識。つまりは階段を転がり落ちるようなこれみよがしな速弾きの曲(スラッシュメタル)と、こぶしのきいたみんなで歌う的スローなワンパターンバラード(演歌)に分類され、しかも大体その二つに当てはまってしまう。
どちらかというと前者の方が個人的には好みなのだけれど、いくらギターが好きとはいえSteve Vaiをぶっ続けで10分間以上聞くのは苦痛以外なにものでもないのと同じで、階段から転がり落ちる前にstopボタンを押してしまう。

それでもDavid Grismanが好きなのはBluegrassというコンテクストの中に、Gypsy Jazzのスケールがちらほら見えるからで、異質Bluegrassだからだ。
Dawgというらしいが、私はそれがなんなのかよく解らない。

このショーでいいなーと思ったのはやっぱりインストでジャムる曲。それと例外的にShady Grove。Shady Groveは曲が好きなんです。
あと、Dawggy Mountain Breakdown, Happy Birthday Bill Monroeって曲も曲のタイトルからくるイメージに反して非常にモダンでいいインスト曲。
アンコールにやったBill Monroeががんを宣告された後に書いたというMy Last Days on Earthという曲も非常に印象的でした。いいできでした。

band memberは
David Grisman- mandolin
Keith Little- 5-string banjo
Jim Nunally- guitar
Chad Manning- fiddle
Samson Grisman- bass
David Keith Jimの三人が歌う。SamsonはDavidの息子。

Mike Marshallと、あと数人がゲストとして数曲に参加。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/153-608c5bd4

PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ