カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

01/12/2012 Steve Block Allstars, David Nelson Band, Bay Area All Stars @ Slims



これを才能と呼ぶかわからないが、Martine Fierroがステージに上がるといつもステージの雰囲気が変わった。何をするわけでもなく、ただステージにいるだけでパッとポジティブなムードになる、そんなミュージシャンだった。
自分がタイダイのシャツなんか着て一番ヒッピーであるにかかわらず、人を食うようなジョークを言ってオーディエンス(大部分がヒッピー達)を困らせ、やれ観客が何か言うとchut upと言い返す。
ミースター在りし日の姿だ。

何がこのショーで一番驚きだったかというと、Jessica Fierro。Martineの愛娘。ステージに出てきた瞬間にMartineが出てきたかと思った。見事にMartineが出てきた時と同じ雰囲気になったのだ。あの歳でステージに慣れているというか、血のつながりってのは恐ろしいなと感じた。
Chip RolandとJoni MitchellのCircle Gameを歌ったのだけど、これもよく声が出ていてびっくりした。先が思いやられるね、いい意味で。




このショーは数年前に亡くなったSteve BlockというGrateful Dead, New Riders, Zero, David Nelson Bandなど、Bay Areaのjam bandの裏方さんで、ステージ回り、セキュリティー、ギターテクなど何でもできちゃうなんでも屋さんのベネフィット。
彼自身もギタリストでたまに客前で弾いたりしたこともあったみたいだけど、基本的にはBill Grahamと同様裏方で頑張っていらっしゃった人で、イベントの雰囲気や集まった人なんか見ても、とにかく人望のあった方だったようです。ヒッピー的イベントでここまで和やかでいい雰囲気のイベントはなかなかないよーー。



一発目はSteve Block Allstars
Melvin Seals (keyboards)
Stu Allen (lead guitar)
Mike Sugar (Bass Guitar)
Greg Anton (drums)
Jessica Garcia (Backing Vocals)

Greggがやっぱりいいなぁ。ドラムぶっ叩くんだよね、この人。
結局JGBの二人Melvin Seals、Stu Allenがいるので、いつも通りお決まりなJerry Garcia Band Tributeになるんだけど、完成度がやっぱ高いですね。ここまでコピーできる人たちはなかなかいませんわ。

How Sweet it is の女性コーラスはKimockの元ガールフレンドでKimockの子供Mylesの母親らしいっす。








次はDavid Nelson Band。
今ベイエリアで一番熱いジャムバンドはこのバンドじゃないかなと思う。
とにかくずば抜けてます。
ほぼ全編オリジナルだし(結構Deadに似てるけどね)、メンバー全員が凄腕のミュージシャン達なので、即興の応酬になるととんでもないことになります。
刃物が飛び交う感じの危うさ。しかもみんな引かないので、音のぶつかり合い。みんなマジなのが怖いです。笑わねぇんだもん。
昔はこれより若干穏便だったと思うんだけど、今はこのバンド最高にヤバいです。
メンバーは
David Nelson (Guitar, Vocal)
John Molo (Drums)
Barry Sless (Guitar, Pedal Steel)
Pete Sears (Bass)
Mookie Siegel (Key)

Set List
Rocky Road Blues, Louis Collins, Box Of Rain, Fable Of A Chosen One > Different World > Earl's Girls, Suite At The Mission, Ghost Train Blues > Fable Of A Chosen One


口当たりや楽しさはStu Allen Melvin Sealsのバンドが上でしたが、ヤバさや熱さは断然David Nelson Bandが一枚も二枚も上をいってました。




そのあとはBay Are Allstars で色々Steve Blockゆかりのミュージシャンが出てきて演奏。知ったところではDavid Gans, Mark Karan、そんなところか…

Get Togetherが会場一体合唱になったのはびっくしりした。
Get Togetherは"Come on people now, Smile on your brother, Everybody get together, Try and love one another right now"というコーラスで知られるヒット曲で。
私はNirvanaがどっかの曲で皮肉って歌っていたのを聞いていて知っていたのだけど、これの原曲がこんなところで聞けるとは思ってもいなかった。
なんか気恥ずかしくなってみんなと一緒になんて歌えなかったけど。。。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/157-a12c8853

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/09/12
  • TOP
PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ