カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

1/28,29/ 2012 Steve Kimock and Friends @ Sweet water



ここんところ、興味深いこと。
サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡って北、マリンでライブヴェニューが次々と建っている。
Phil LeshのTerrapin Landingはいまだ建設中だけど、Bob WeirのTRI studioは去年完成して、ユニークなライブヴェニューの形を提案してくれた。
それは家にいながらコンサートを楽しめるというもの。
TRI studioはコンサート会場というよりもその名の通りstudio。だが世界同時配信できる機能がついたstudioで、実際にそこで演奏したFurthurをはじめ、数々のショーが去年ここから配信された。
確かにライブ感こそ薄れるものの、裏庭やリビングで大きなスクリーンにショーを写し、大音量で気の合った友達たちとくつろぐデッドヘッズたちの様子が簡単に目に浮かぶ。

まだインターネットコネクションの問題やら、チケット代のことなんかは問題が山積みだろうけど、デッドと共に歳をくってきた世代の人には家にながらにしてゆっくりショーを楽しめるなんてこんなありがたいことはないだろうし、アグリーな客同士の小競り合いや陣地争いなどを見たくない人、音圧に耐えられない人なんかにとってももってこいだと思う。


そして今回の会場、新Sweet Waterのこけら落とし。
もとのSweet Waterは、入ったところにバーカウンターがまずあって、奥に行くとステージがあるという典型的なこっちのバー。Hot Tunaの録音でここでのライブがあったが、「ガチャン」とビール瓶の割れる音が入っていたりしていたが、まったくそんな感じのやや荒くれたにおいのするバーだった。これが、数年前に閉店になった。
で、今回Bob Weirの資金援助、指導のもと、新しいSweet Waterが誕生した。これが、前のSweet Waterとは似ても似つかぬ、こじゃれたクラブといった感じで、ステージがまずメインにあって、その後ろにバー。ステージ器具はもちろん、照明器具なんかも高価。
いい意味でも悪い意味でも、こじんまりとした日本のクラブクアトロといった感じ。
いやー、びっくりしたーーー。


先週は金曜日土曜日とZero。
今週は水曜日にSteve Kimockをスペシャルゲストに据えてTRIStudioからRatDog Reunionのショーが生配信され、土曜日日曜日はKimock and Friends。しかもそのショーの間にKimock Guitar Master Classというのが日曜の2時からあって、超過密スケジュールでかなり体力的にキツく、酒、それと5hour energyという軽い覚醒剤か超強いコーヒーかという気味の悪い飲み物の力を借りなければ、乗りきれませんでした。
あれはもう二度と飲まない。苦笑

なので…

正直あまり音楽がどうだったとかここがああであればもっと良かったとか、そんなことはあんまり覚えておりません。
踊って、歌って、跳ねて、叫んで、
んで、いちゃもんつけてくるやつらへの対処、
そんなことやっているうちに終わってしまった…


さて、さてセットリストとメンバーを見てみましょう。

一日目
Lineup:
Steve Kimock - Guitars
Bobby Vega - bass
Prairie Prince - Drums
Jeff Chimenti - Keys
Tim Hockenberry - Keys & Trombone & Vocals

Setlist:
1st set
Rigor Mortis
Ice Cream
Baby Baby
Severe Tire Damage
Anorexia
You Are the One

2nd set
Cole’s Law
Tangled Hangers
Five B4 Funk
Feelin’ Alright
Berm

Encore:
Hillbillies on PCP


二日目
Lineup:
Steve Kimock - Guitars
Bobby Vega - bass
Prairie Prince - Drums
Jeff Chimenti - Keys
Bob Weir guitar & vocals for Good Morning Little School Girl through Goin' Down The Road Feelin' Bad
Ray White on guitar & vocals for entire second set

Setlist:
1st set
Nina’s Chalk Pipe
Thing One
Good Morning Little School Girl
Dark Star
Scarlet Begonias
Goin’ Down The Road Feeling Bad

2nd set
Spring Water
Point of No Return
Merle’s Boogie
Ring Around the Moon
Shotgun House

Encore
It’s your Thing

Jeff Chimentti (Rat Dog), Prairie Prince (Phil and Friends), Tim Hockenberry (Micky Hart band)というデッドな人たちに囲まれ、Bobby, Steveが暴れまわるというのがベース。
一日目はコアKimockナイトでした。セットもおなじみなナンバーがずらり。
この日はただただ幸せでした。にんまりですな。目の前で大音量で迫ってくる音以外のことは何も考えてませんでした。

二日目がまたすごかった。1st setがGrateful Deadセット、2nd setがKVHWセット。
Bobbyが現れるのはなんとなく予想ができたけど、Rayが来るとは完全に虚をつかれました。もうこの際KVHW復活させちゃったらどうなんでしょう。はっきり言って1st setがかすむくらいむちゃくちゃかっこよかった。
そりゃ10年前と比べるとテンポは落ちているし、ハリはないけどとにかくベストマッチな3人組。あとAlanがいたらなー。。。


あぁあ〜、Kimock祭りが終わっちゃった。
参ったね。いつもこの喪失感がひどいんですよね〜
また次にKimockがカリフォルニアに来るのを楽しみに生きます、ハイ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/162-3a2fee78

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/09/12
  • TOP

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18
  • TOP
PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ