カリフォルニア州在住のスティーブ・キモック、グレイトフルデッドファンが、あんな事こんな事。いろんな事、書きます。

It's up to you 〜Steve Kimock freak's diary〜

04/18/2012 Stu Allen & Mars Hotel @ Ashkenaz


JGBのギタリストStu Allen。去年にお子さんが産まれてJGBから抜けた。
そりゃそうだ。JGBはハードコアなツアーバンドとして有名で、あんなツアーをしてりゃ子供と一緒の時間なんて無理だろう。
というわけで、ローカルに音楽活動を続けている。そのバンドがMars Hotel。ベタなネーミングだね。笑
このバンド、結構毎週Ashkenazやっている


水曜日の夜。オーディエンスはほどほどな入り。いい感じの雰囲気だ。
できかけのシーンといった感じ。
みんなリラックスしていて、領土争いみたいなのもない。

いいバンドだとは思うけど、出てくるものがJerry Garcia BandかGrateful Deadの曲しかない。
それだけを求めて楽しむにはとてもいいバンド。
下手に実験をしたりしないし、安心して見ていられる。

古典落語を聞いていると思えばいい。
確かに心地いいし、何より踊れる音楽として機能している。

ただ私に言わせりゃ、ロックは古典芸能とは違っていつも変化していくものだし、自分をでっち上げることによって育ってきたものだと思うので、周りの目を恐れない確信犯なバカで正解なんであって。つまりは私の思うロックミュージシャンの在り方とは異なるところで動いている人たちだ。

と偏屈なゴタクを並べてみてもね、こういう路線の人たちは強い。なんせ職人なんだから、「お前よりおれのほうが上手くギター弾けるだろ、ジェリーに近いだろ」と来る。ただそれでおしまい。「でも、お前よりジェリーの方が上手いし、あんたはジェリーでもない」と言ってしまいたくなる。

こんなグチャグチャ言うのならそんなコンサート行かなきゃいいじゃないかと言われるだろうけど、行く。さっきも言ったが今はもう聞けない、好きな音楽をライブでやってくれるバンドだからだ。つまりはDeadの音楽としては、ファンクションしているからだ。
もちろん細かく聞けば全然違うけどね。

リスナーとしての自分と、音楽をやる自分との葛藤みたいなのがここにあって、ここでこんな自分勝手な分析をさせてもらってます。
すんません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimock.dtiblog.com/tb.php/174-58eec974

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/09/12
  • TOP
PROFILE

kochan

TRACKBACK
LINK
Search
DTI ブログ